進路情報

進路指導部より

お知らせ 第Ⅱ期産業現場等における実習がはじまります。

9月9日(月)~9月20日(金)までの9日間、高等部3年生による第Ⅱ期産業現場等における実習を行います。

今回は一般事業所12名、A型事業所4名、B型事業所7名、生活介護事業所4名そしてアセスメント対象者2名となり、計29名の生徒が外部にて学習を行います。

3年生にとっては、卒業後の進路を決定するための重要な実習になってきます。

各事業所の皆様、地域や関係機関の皆様、そして保護者の皆様ご協力をお願いします。

(写真は高等部作業学習の様子になります)

    

    

   

第Ⅰ期産業現場等における実習・校内実習

6月10日から行われています、第Ⅰ期産業現場等における実習・校内実習も2週目となりました。実習生を受け入れていただいています企業・事象所の皆様には引き続きお世話になります。

 まず2・3学年が行っています産業現場等における実習について、ご紹介します。

会津若松市・喜多方市、会津美里町、会津坂下町など、それぞれの生徒が通勤可能な企業・事業所で実習を行っています。店舗における品出しや商品の袋詰め作業、パソコンによるデータ入力作業、様々な場所での清掃業務、調理補助や喫茶での接客業務、箱折りや部品組み立て等の内職軽作業など、様々な業種に挑戦しています。

品出し 袋詰め パソコン

清掃 喫茶 箱折り

  次に1学年が中心となって行っている校内実習です。企業・事業所様から製品化の仕事をいただき取り組んでいます。校内に工場を設置し、職業人として必要な態度を身に付けたり、意識を高めたりするために学習しています。基本的な事項として特に「健康管理」「清潔・身だしなみ」「時間厳守」「挨拶・報告」「安全・安心」の5つを徹底して取り組んでいます。緊張感がある日々を過ごすことで、働くことの厳しさや責任感について身をもって体験しています。

 第1① 第1② 第1③

第2① 第2② 第2③

事業主の皆様へ!! 産業現場等における実習のお願い

 6月10日(月)から第Ⅰ期産業現場等における実習がはじまります。生徒一人一人が働くものとしての自覚や態度を育て、社会生活への適応力を高めるために貴重な学習の機会です。

 毎年地域の企業様、福祉サービス事業所様のご協力を得て実施することができております。第Ⅰ期の実習も第2・第3学年合わせて50名の生徒が、一般企業25か所、福祉サービス事業所18か所で受け入れていただく予定になっております。ご協力いただく企業様、福祉サービス事業所様には深く感謝申し上げます。

 今後も9月、11月と産業現場等における実習は実施されます。近年生徒の希望する職種は、販売関係や清掃関係にとどまらず、製造、接客サービス、事務補助と多岐にわたっています。今後も実習を協力していただける場所の確保が大きな課題となっていきます。

 新たに本校生徒の実習を受け入れてくださる事業所様や何か情報をお持ちの方等ございましたら、下記連絡先までご連絡おねがいします。

 福島県立会津支援学校 965-0006 福島県会津若松市一箕町大字鶴賀字下柳原102

 TEL 0242-32-2242 FAX 0242-32-6079

  代表メールアドレス aizu-sh@fcs.ed.jp    進路指導部 中野 正貴

第Ⅰ期産業現場等における実習・校内実習事前学習

 本校高等部では、6月10日(月)から6月21日(金)までの10日間、第Ⅰ期産業現場等における実習と第Ⅰ期校内実習が行われます。今回産業現場等における実習は第2・第3学年が主な対象となり、第1学年は校内での実習となります。

 事前学習として6月3日(月)に全体指導とグループ学習を行いました。

 全体指導では、過去にあった事例をもとにどのような行動をとるべきか、実習はなぜ必要なのか、仕事を行う上で基本的に心がけることなど、自分たちで考え、発表したり、友達の意見を聞いたりしながら学習を行いました。最後にそれぞれの学年に応じた心構えを確認しました。内容は、次の通りです。

1学年・・・「働く」を知ろう。(どんな仕事があるのか、仕事をするために必要なことは等)

2学年・・・「働く」を広めよう。(集中できる時間の向上、仕事の適性を確かめる等)

3学年・・・「働きたい気持ち」を高めよう。(効率的な仕事、正確な仕事、適切な確認や報告の仕方等)

 グループ学習では、第1学年は校内実習についての日程や作業内容、日誌の記入の仕方や身に付けることなど丁寧に学習しました。第2・第3学年は、自分の目標を確認したり、仕事の内容や目標を発表したり、友達と身だしなみチェックをしたりなど、それぞれの実態に応じて学習を行いました。

 もちろん安全面にもしっかり注意しながら実習を行っていきます。実習を受け入れていただく企業や事業所の皆様、仕事を提供していただく企業・事業所の皆様、そして御協力をいただく保護者の皆様、2週間よろしくお願いします。

  

  

教職員進路セミナーを実施しました。

 11月27日(火)平成30年度教職員進路セミナーを実施しました。

 今回のセミナーでは、会津若松市障がい者支援課 渡部真人様、障がい福祉サービス事業所コパン・クラージュ 成田靖子様、ピーターパンデイサービスセンター 杉原正博様、Mamiyaプリムローズ 半澤泰様を講師としてお招きし、障がい福祉サービスの概要についてお話をいただきました。生活介護事業、就労継続支援B型事業、就労移行支援事業の概要をそれぞれの事業所より説明していただきました。また、会津若松市におけるサービスを利用するまでの流れや現在の状況についても教えていただきました。高等部職員だけではなく、どの学部の教員でも進路について少しでも情報を得ておくことは日々の授業の充実につながります。今回のセミナーで学んだことを今後の指導・支援に生かしていきたいと思います。

講師の皆様ありがとうございました。

NEW 第Ⅲ期産業現場等における実習 無事終了しました。

 11月12日(月)~22日(金)までの9日間、一般企業30社、福祉サービス事業所24事業所、の御協力をいただき73名の生徒が校外での実習に取り組みました。1学年の生徒は初めて校外に出る機会でしたが、普段の学習の成果を生かし、実りのある実習にすることができました。実習で身に付けたことや課題点を今後の学校生活に生かしてほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第Ⅲ期産業現場等における実習事前学習の様子

高等部では、11月12日(月)から11月22日(金)まで、第Ⅲ期産業現場等における実習と校内実習が行われます。

11月5日(月)には、事前学習として、全体指導とグループ学習が行われました。

全体指導では、それぞれの学年に応じた実習の目的を確認したり、「身だしなみ」や「あいさつ」など基本的な事項はなぜ必要なのかグループごとに話し合い発表し合ったりしました。

グループ学習では、全体指導の振り返り、それぞれの目標や仕事内容の確認等を行いました。