取り組みの報告

地域支援センターあいづより

地域支援センターあいづ特別支援教育研修会のご案内

 地域支援センターあいづ特別支援教育研修会を開催いたします。令和4年7月29日(金)午後1時30分から3時まで、山形大学教授の三浦光哉先生よりご講演いただきます。詳細につきましては、下記の添付ファイルを御覧ください。

 

実施案内.pdf申込用紙.pdf健康チェックシート.pdf

令和3年度 地域支援センターあいづ特別支援教育研修会

 7月30日(金)に、会津地区の幼稚園・保育所園・こども園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の先生方、関係機関の方々を対象に、講演会を行いました。会津大学短期大学部幼児教育学科の木村淳也先生を講師にお招きし、「家庭、学校、関係機関が連携した支援のあり方~事例を通して~」の演題でご講演をいただきました。

 スクールソーシャルワーカーの役割と活用の仕方を中心に、会津地区のリソース、連携を図る上で大切なことなどを分かりやすくお話しいただきました。

 参加された先生方から、「スクールソーシャルワーカーの役割や連携についてよく知ることができた。」「信頼関係の構築が大切であることを改めて感じた。」などの感想をたくさんいただきました。

センターあいづは、今後も会津地区のニーズに応じた支援に努めていきます。

第1回あそびの教室

 6月21日(月)に今年度初めての「あそびの教室」がスタートし、『からだをうごかそう』のテーマのもと、12名の子ども達と保護者のみなさんが参加してくださいました。

 新型コロナウィルス感染症対策のため、検温や消毒を行ってからの始まりになりました。初めての場所だったにもかかわらず、お家の人と一緒に検温や消毒をすることができました。

 スタートは電車ごっこ。「みんな、おいで。」の声を聞いて電車に乗る子、運転手になる子、周りでその様子を見ている子と、それぞれが楽しんでいるようでした。

 次の始まりの会では「こんにちは。」のあいさつを元気に行ったり、自分の名前を呼ばれて「はい。」と返事をしたりすることができました。

 メインの活動はダンスやリトミック。音楽に合わせて走ったり転がったりと体いっぱい使って動きました。当日は暑かったこともあり、みんな汗びっしょりになりました。

 自由あそびでは、滑り台やエアトランポリンなどの遊具を楽しみ、最後に大きな大きなバルーンで遊んで終わりです。

 「楽しかった。」「また来るね。」と元気に帰っていった子ども達。

 次回は7月27日(火)10:00~11:00、テーマは「なつをたのしもう」です。人数に制限がありますが、皆様の参加をお待ちしています。

 

第3回 あそびの教室

 12月14日(月)の「あそびの教室」で『ミニクリスマス会』を行いました。
 あわてんぼうのサンタクロースのパネルシアターを見たり12月25日には少し早いのですが、みんなに会うためにサンタクロースが登場したりしました。サンタクロースから飾りのプレゼントをもらい一緒にダンスをしました。また、お母さんと一緒にツリーを作るなど楽しい時間を過ごしました。

    

 

 ホワイトクリスマスらしく今年初の雪の日で寒い日になりましたが、みんな元気いっぱいでした。25日は本当のクリスマス。みんなのところにサンタクロースが来るといいですね。遊びに来ていただいたみなさん、ありがとうございました。

 

次回は1月25日(月) 今年度最後の会「ミニレクリェーション」です。

 

第2回 あそびの教室

 11月2日(月)、今年度2回目の「あそびの教室」を行いました。3名の幼児と保護者の参加がありました。テーマは『作ってあそぼう』。
 初めに、ピアノに合わせて楽しくリトミックを行ったり、電車ごっこを行ったりしました。次に、親子で「もこもこおばけ」を作りました。ビニール袋に目や口、舌のシールを張ってストローにつけ、紙コップの穴に通して出来上がり。ストローから息を吹き込むと、もこもことおばけが出てきて、大喜びの子どもたちでした。
 最後の自由遊びでは、滑り台やエアトランポリンなどの遊具を楽しみ、たくさん体を動かすことができました。

    

 

次回は、12月14日(月)14:45~15:45です。
テーマは「お楽しみ会(ミニクリスマス)」です。多くの方々の参加をお待ちしております!

地域支援センターあいづ特別支援教育研修会を実施しました

 10月28日(水) 地域支援センターあいづ特別支援教育研修会を実施しました。
 福島県発達障がい者支援センターのセンター長である増子博文先生を講師に、「発達障がいのある子の自立を支えるための支援 ~自分を知ることの大切さ~」と題して、ご講演をいただきました。
 医学的な立場から、発達障がいの捉えや、「うまくいかなかった時はかかわり手の計画を見直すこと、焦らないこと、楽しい生活が第一であること」などについて、事例を交えながら分かりやすくお話しいただきました。
 参加された先生方から、「発達障がいの理解が深まった。」「なぜ支援が大切か、どう支援すべきか学ぶことができた。」「楽しいと感じられること、楽しく通えることが一番大切という言葉が深く心に残った。」「医学的な立場からのお話がとても良かった。知識が深まった。」「二次障がいにならないようなかかわりを大切にしたい。」などの感想があげられました。
 
 地域支援センターあいづでは、今後も会津地区のニーズに応じた支援に努めていきたいと思います。

 

令和2年 あそびの教室

 9月28日(月)、今年度の「あそびの教室」がスタートしました。2名の幼児と保護者の参加がありました。テーマは『おんがくをたのしもう』。
 始めに、一人一人タンブリンを叩きました。タンブリンが目の前に差し出されると、そっと触れたり叩いたりすることができました。その後、鈴とタンブリンから好きな楽器を選び、「やまのおんがくか」の曲に合わせて合奏をしました。鈴やタンブリンを上手に鳴らすことができました。
 自由あそびでは、滑り台やエアトランポリンなどの遊具を楽しみ、体を動かすことができました。

【 写真 】

  

 

イベント次回は、11月2日(月)14:45~15:45です。イベント
  テーマは「作ってあそぼう」です。多くの方々の参加をお待ちしております!

第6回 あそびの教室

今回1月20日の「遊びの教室」のテーマは『ミニレクリエーション』でした。

『ミニレクリエーション』の内容は、赤チームと青チームに分かれて、

①   玉入れ        

②   風船ゲーム

③   そりを使った親子競争

を行いました。


 

 

 

 

寒い日でしたが、たくさん体を動かして楽しいレクリエーションになりました。

今年度の「遊びの教室」は、今回の活動をもって、終了となります。

遊びに来ていただいた皆さん、ありがとうございました。

第2回ホッとサークルを実施しました。

 今回は、本校卒業生の保護者の方を囲んで、貴重な経験談を聞かせていただきました。卒業後の就労や生活に向けて、今から気を付けたいことや、悩み相談など、いろいろな情報を共有したり「そうそう!」など共感し合ったり、ホッと一息つける時間になりました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

  

 今年度のホッとサークルは終了となりますが、来年度も子育てに関して話せる保護者の交流の場として「ホッとする」時間を提案していきたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

 

 

第4回「あそびの教室」

 今回の「あそびの教室」のテーマは『作ってあそぼう』でした。

 紙皿を半分に折ってゆらゆら揺れるおもちゃと、ラップの芯にビーズを入れて音を出す楽器を作りました。のりを塗ってキャラクターのイラストを画用紙にはったり、ビーズを一つ一つラップの芯に入れたりと、作ることに集中していました。みんなの真剣に取り組む表情や、作り終えた時の満足そうな表情を見ることができました。

 次回は、12月16日(月)14:45~15:45です。

 テーマは「お楽しみ会」です。多くの方々の参加をお待ちしております!

 

第3回「あそびの教室」

 今回の「あそびの教室」のテーマは『音楽を楽しもう』でした。

 まずは、一人ずつ大きなタンブリンを叩きました。自分の番が回ってくるのを期待して待って叩くことができました。その後は、鈴、カスタネット、ツリーチャイム、太鼓から好きな楽器を選んでそれぞれに音を鳴らしました。最後に、「やまのおんがくか」の曲に合わせてみんなで合奏をしました。いろいろな音が鳴り、愉快で楽しい合奏になりました。

       

 次回は、11月11日(月)14:45~15:45です。

 テーマは『作ってあそぼう』で行います。多くの方々の参加をお待ちしております!

令和元年度 あそびの教室および早期教育相談のご案内

 センターあいづでは、今年度も「あそびの教室」を実施しています。本校プレイルームを会場に年6回行う予定です。いつでもお気軽にご参加ください。

 また、早期教育相談についても受け付けております。

早期教育相談リーフレット31.pdf

第2回「あそびの教室」

 今回の「あそびの教室」のテーマは『夏祭り』でした。

 まずは、みんなでうちわを作りました。スイカにかき氷など、それぞれにイメージをもって色画用紙を貼り、自分だけのうちわを作ることができました。その後、各ブースに分かれて、輪投げや的当て、シャボン玉の活動を楽しみました。やりたい遊びを見つけて生き生きと活動する子どもたちの姿が輝く、素敵な夏祭りになりました。

 

 次回は、9月2日(月)の14:45~15:45です。

 テーマは「音楽を楽しもう」です。多くの方々の参加をお待ちしております!

 

第1回「ホッとサークル」

 センターあいづでは、保護者交流の場として「ホッとサークル」を開催しています。今回は、6/12(水)~14(金)の3日間、学部別に子育ての悩みや今、不安に感じていること等を思い思いに話していただきました。

下記は話題になった内容の一部と参加者の皆様からの感想の一部です。

 

【話題】

◇思春期について(イライラした時の対応/親・子離れの難しさ)

◇就職、進路について(子どもに適した就職先の見つけ方)

◇家庭生活について(一人っ子の難しさ/兄弟間の障がい理解)

◇放課後デイサービス利用について(利用の様子/余暇の過ごし方など)

◇情報交換について(各親の会の開催情報が知りたいなど)

 

【感想】(一部抜粋)

〇いろいろ悩んでいること、思うこと、皆さん同じなんだなと、すごくほっとすることが多々あった。話をしたり聞いたりして、とても安心することができた。

〇ざっくばらんにいろんな話ができてよかった。

〇グループホームの話や施設見学、体験など詳しく知りたい。

 

 

 
 
 
 

                   

 ※参加していただいた皆様、ありがとうございました。

 

第2回(卒業生の保護者の話を聞く会)は11月に実施予定です。