日誌

高等部より

学部通信「だいち」第5号発行しました。

 
各学習グループの「実習事後指導」の状況や外注作業の「受注・納品業務:流通サービス」を大切にした展開授業についての記事。また評価週間にあたり、「テスト」に関しての記事、創設した特設サッカー部の「今」などを中心にしました。
28年7月20日 5号 .pdf

生徒会総会及びサッカー部創部

 5月31日(火)に生徒会総会を行いました。
 生徒会会長吉田るりさんが、あいさつの中で「本会の意義や内容」を丁寧に説明しました。
 議長を選出し、今年度の生徒会活動年間計画案や各委員会活動案、部活動実施計画案などを審議しました。生徒たちからは、全体で11程度の質問が出るなど活発な意見の交換ができました。自分たちで決めた活動内容をしっかりと実践してくれるものと期待しています。
 また、生徒や保護者から要望のあった「サッカー部」の創部について、生徒会と学校とで協議を重ねてきたこれまでの経緯をお知らせしました。その結果、サッカー部は「特設部活動」としてスタートすることになり、本会生徒の了承を得ました。生徒たちからは大きな拍手が起こりました。生徒たちが自分たちの手で創りあげるよりよい学校をめざし更に頑張ってほしいと思います。

    

第Ⅰ期産業現場等における実習並びに校内実習

 高等部では、6月13日(月)から6月24日(金)の予定で、第Ⅰ期校内実習及び産業現場等における実習を行っています。
 第Ⅰ期産業現場等における実習は、2,3年生74名が対象です。うち72名が全53カ所(一般企業20、福祉サービス33)の事業所において実習を行っています。1年生31名(2,3年生若干名)は、校内実習において、割烹の箸袋折りなど外注作業を中心に取り組んでいます。
 安心で安全な実習ができるよう、保護者と連携し地域のご理解ご協力をいただきながら進めています。生徒たちは将来の夢を語り、その夢の実現を目指して頑張っています。